四十肩の本当の原因

横浜の関内・桜木町パーソナルトレーニングジムSPTです。
 
今回は、
 
バンザイすると肩が痛む原因とは?
 
というテーマでお話しします。
腕を上げる際に肩が痛むというと、四十肩や五十肩というワードをイメージするでしょうか?
 
正式名称は肩関節周囲炎といい、実際40代や50代だけがなるものでなく若くてもなることがあります。
 
肩を上に上げる動作では様々な関節を使いますが、特に
 
・肩関節
・肩甲骨
 
この二つに加えて大切なのが胸椎の動きがとても大切になります。
 
胸椎とは背骨のことで、名前の通り胸の辺りの背骨のことです。
 
人は腕を上に上げるときに肩関節と肩甲骨を使ってバンザイします。
 
それと同時に胸椎の伸展といい、胸を反らす動きも使ってバンザイします。
 
この胸を反らす動きが上手くいかないと、上腕骨が引っかかり上手く上がらなかったり痛みが出たりしてしまいます。
 
ということは、猫背で背中が丸まりがちな方は痛めるリスクが上がるということです。
 
なので肩の動きを改善する場合には、肩だけでなく背骨の動きも一緒に改善していくことが大切になります。
 
当店のパーソナルトレーニングでは、背骨の動きを良くするエクササイズを多数ご用意しています。
 
肩の動きを良くしたい方は、まずは体験からお越しください(^^)
 

パーソナルトレーニング体験はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-5088-1405

営業時間:9:00〜21:00(最終受付 20:00)

定休日:不定休

SPT 横浜関内店

住所

〒231-0041
神奈川県横浜市中区吉田町64-3 LAZ桜木町ビルディング501

アクセス

JR関内駅・JR桜木町駅から徒歩4分
京急日の出町駅から徒歩7分

営業時間

9:00〜21:00(最終受付 20:00)

定休日

不定休