こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は予定を変更して、手首の痛みについてです。

更新が遅くなってしまったため、2回に分けてお伝えします。

手首周りの痛みを抱える方もとても多く、

業種の中でも

・介護や美容師など、人を扱う仕事

・パソコンを使う仕事

・調理や引っ越しなど物を扱う仕事

がこれまでお会いしました。

いずれも腕に負荷がかかり、手首だけでなく指などにも影響が出てしまいます。

手首が使えないと、物を持ったり手をついたり出来なくなるため、

不自由な事が増えてしまいます。

まず大きな手順としては、

① 整形外科での診断

② ①で問題なければどの動きで痛みが出るのか分析

③ 痛みの出かたによってのストレッチエクササイズ

この3つの手順となります。

まずは整形外科での診断の意味は、エクササイズをしてもいいかどうかを知る必要があります。

痛みの問題が医療なのか、それとも民間や個人レベルでいいのかどうか。

これはとても大切なところになってきます。

大抵何もしなくても痛む場合が医療の問題となります。

①で問題がなければ、現状を分析する必要があります。

どのようにすると痛むのか。

パターンとしては

・一定の動きで痛む

・一定の負荷がかかると痛む

この2パターンですが、多くの場合その手首をどうにかしようとしがちですが、

それ以外の箇所を改善しないと痛みが治らなくなってしまいます。

その箇所を、また明日伝えていきます。

予定。
(明日こそは予定通りに、、、)

カテゴリー: お知らせ