〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町64-3 LAZ桜木町ビルディング501
JR関内駅・JR桜木町駅から徒歩4分 / 京急日の出町駅から徒歩7分

営業時間
9:00〜21:00(最終受付 20:00)
定休日
不定休

背中の痛みの原因と予防法

横浜の関内・桜木町パーソナルトレーニングジムSPTです。

今回は

背中の痛みの原因と予防法

というテーマでお伝えして参ります。

背中の痛みは日常生活や仕事のストレス、不良な姿勢、筋力の不足などさまざまな要因によって引き起こされます。

この記事では、背中の痛みの主な原因と、それを予防するための効果的な方法について解説して参ります!

姿勢悪化の原因

原因①:悪い姿勢の習慣化

多くの人がデスクワークやスマートフォンの使用などで悪い姿勢をとりがちです。

これにより背骨が曲がり、筋肉が緊張しやすくなります。

長時間の悪い姿勢は背中の痛みを引き起こす可能性があります。

原因②:筋力の不足

背中の筋肉が十分に発達していないと、背骨や周辺の組織に余分な負担がかかりやすくなります。

特にコア部分の筋肉が弱いと、背中のサポートが不足し、痛みの原因となります。

また、姿勢の悪化により横隔膜をはじめとした呼吸筋の弱化も背中を使いすぎてしまうことにより痛みに繋がりやすくなります。

原因③:睡眠不足

睡眠不足の状態だと呼吸が浅くなりがちです。

呼吸が浅い状態だと背中のアウター筋で頑張ってしまい、痛みが誘発しやすいです。

姿勢悪化の予防法

予防法①:正しい姿勢

良好な姿勢を保つことは背中の痛みを予防する鍵となります。座るときは背中をまっすぐにし、デスクワーク中は適切な高さの椅子とデスクを使用しましょう。

予防法②:運動とストレッチ

定期的な運動やストレッチは背中の筋肉を強化し、柔軟性を向上させます。

特にコアトレーニングは背中への負担を軽減し、姿勢を改善します。

予防法③:睡眠時間の確保

適切な睡眠時間を維持することも背中の痛みを軽減するために重要です。

睡眠不足は背中への余分な負担をかけ、痛みを引き起こす可能性が高まります。

**予防法の④:専門家の助言*

痛みが慢性的であれば、専門家の意見を仰ぐことが重要です。

背中の痛みが疾患であった

なんて事も稀にあるため、医師からの助言はおすすめです。

整形外科医や内科医からの適切なアドバイスを提供してもらった上で、上記の予防法を実践してみましょう。

まとめ

背中の痛みの原因と予防法は多岐にわたりますが、正しい姿勢の保持、運動、睡眠などの健康的な生活習慣が痛みを軽減し、予防するのに役立ちます。

急性の痛みや慢性的な不快感がある場合は、早めに整形外科などの専門家に相談しましょう。

医療で特に問題がなければ、運動はとても効果的なのでぜひ実践して下さいね(^^)

最後までお読み頂きありがとうございました。

パーソナルトレーニング体験はこちら

お気軽にお問合せください

ご予約・お問合せ

<営業時間>
9:00〜21:00(最終受付 20:00)
※不定休

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

SPT 横浜関内店

住所

〒231-0041
神奈川県横浜市中区吉田町64-3 LAZ桜木町ビルディング501

アクセス

JR関内駅・JR桜木町駅から徒歩4分
京急日の出町駅から徒歩7分

営業時間

9:00〜21:00(最終受付 20:00)

定休日

不定休