身体の歪みは体幹を鍛えるのがオススメです

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は体幹についてです。

体幹というワードがかなり世の中に浸透してきましたね。

体感といえば、

・スポーツ選手がやっている

・お腹が凹む

・バランスが良くなる

というイメージが強いかと思います。

それ以外にも体幹を鍛える事によって、

【身体の歪みを整える】事ができます。

この歪みが整う事によって、身体の見た目やパフォーマンスが上がると言ってもいいと思います。

腹筋は肋骨、背骨、骨盤との関わりが強い

歪みを整える要因の一つとして、肋骨がかなり関係しています。

腹筋群で面積的に一番大きな【外腹斜筋】という筋肉があります。

この筋肉は、第5〜12肋骨から付着し、鼡頚靭帯と腸骨稜(骨盤)に付着しています。

この外腹斜筋は左右に存在するため、左右差が出ると骨盤と肋骨にも左右差が出てくるのです。

それだけでなく、肋骨と肩甲骨も密接な関係をしているため、肩甲骨周りの筋肉の左右差もかなり影響してきます。

左右差が出ることによる影響は、

・片方の腰に痛みが出る

・片方の肩に痛みが出る

・呼吸が浅くなり、疲れが取れない

・左右のくびれが違う

などが考えられます。

この歪んでいる状況を無視して適切な負荷で筋トレが出来ないと、

身体の効果が出ないだけでなく、身体を壊す可能性が高くなります。

そうならないためにも、きちんとしたフォームで実践していきましょう!

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
ご問い合わせ