こんにちは。SPTの小野寺です。

今回はSPTで行うパーソナルトレーニングの流れをお伝えします。

まず、パーソナルトレーニングとは何なのか?

訳すと、個別性訓練。

訳すとかなりハードそうなネーミングですね(笑)

改めてみると、確かにこれだと運動初心者の方は近寄りがたいですね。

個別性という言葉はいいのですが、訓練という言葉が初心者にはネックになりそうですね。

個別性なトレーニングですが、これは指導側もかなり個性が分かれます。

・ストレングス系(筋トレや加圧などの指導)

・調整系(ストレッチやヨガ、ピラティスなど)

・栄養指導系(食事をメインに変える事に特化しているジム)

・色々ミックス系(ストレッチも筋トレもヨガもピラティスも)

・流行りを追い求めている系(流行のものをやったらまたその次、、、)

などなど、様々なトレンドがあるジムやトレーナーが存在します。

SPTの場合は、調整系の色が強いミックス系です(笑)

ベースとなる原理原則は【ピラティス】、もっと言えば【機能解剖学】に沿って指導をしていきます。

人間の骨格を理解した上で、その人の歪みを調整出来るのがピラティスです。

こういった原理原則を利用しながら、筋トレを行う事で

・歪みはが治って痛みが取れる

・歪みが治ってスタイルが良くなる(この理由は別の機会に)

・筋肉がつくから身体が引き締まる

このような循環を狙って指導しています。

このように指導するには、最低限の身体の知識がないとまず出来ません。

大手フィットネスクラブさんには、いい従業員さんもいればあまり学習していない学生さんもいます。

そのようなところで教わるのは、かなり危険な賭けだと思います。

効果が出る確率が低いだけでなく、怪我のリスクも高くなるためです。

話がそれたので戻します(笑)

このように、同じパーソナルジムでも特徴が違うため、

自分にあったジム選びが必要になります。

SPTでもやっているように、まず体験から受ける事がオススメです。

SPTは毎月5名様限定ですので、今月は体験を締め切りました。

また来月も新規お申込み致しますので、どうぞよろしくお願いします!

カテゴリー: トレーニング