腰痛の時は安静にすべきなのか?

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は腰痛についてです。

腰痛で悩む方、本当に多いですね。

おさらいで、腰痛に大きく分けて二種類あり、

① 何もしないでも痛む

② 一定の動きで痛む

①の場合は、いつ何時も痛みが出ている方。

このタイプは、基本医療機関での役割が大きくなるため、

必ず整形外科の診断は受けるべきです。

最悪の場合、腰ではなく内臓の問題を抱えている可能性もあるため、

それだと内科系の治療が必要になるからです。

②のタイプも、一度診断を受けるべきですが、多くの場合は湿布渡されて終わりです。

【安静にしてね、お大事に】と。

当然、安静にしてれば多少よくなりますが、大半またぶり返します。

これには痛みを引き起こす負のスパイラルがあるからです。

そのスパイラルは、

【筋肉のアンバランス→動作の悪化→悪い動作の習慣化→脳がそれを覚える→不良姿勢、不良動作→腰痛】

例えば、デスクワーカーであれば、首が前に入りやすいですよね。

この姿勢は、首の前後バランスが崩れ、その姿勢で3年過ごしたとします。

そうするともうその姿勢が習慣化してしまい、脳が勝手にその姿勢が楽だと思ってしまいます。

そうすると、立ってる時もその姿勢をインプットしてしまい、首が前に行く姿勢になっていき、

首が前に行くと結果的に背骨全体が崩れるため、腰痛を引き起こします。

安静にしていてもダメなのはこれでわかりますね。

ならば、このスパイラルを抜け出すには、

【不良姿勢と不良動作を改善】しなければなりません。

不良姿勢だけならばストレッチやマッサージでもいいのですが、

動作も一緒に変えるとなると、やはり正しい動作学習が必要です。

その手段として、SPTではピラティスのメソットを取り入れて、

腰痛の根本から改善していけるように努めています。

【安静にしてください】

腰痛に悩む方の大半は安静にしないで下さいね。

 
 

身体の痛みの新着

2019年06月05日
パーソナルトレーニングジムSPTでは、問診を大切にしています

2019年06月04日
その膝痛、実は腰だった!?

2019年05月29日
座っていて腰が痛い!それ実は股関節のトレーニング不足である!

2019年05月15日
腹筋トレーニングは腰痛を良くするのか?

2019年04月09日
腰痛は身体のコルセット機能を良くしよう

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ