内ももを締めると腹筋が強くなります

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は内ももと腹筋の関係についてです。

私のセッションを受けて頂いた事がある方の大半は、内ももを締めることについての助言を受けているかと思います。

これは様々な理由やその人によっての理由があるのですが、1つ共通する理由があるのならば

【腹筋群】を使う事を目的としています。

この腹筋群を使う事のメリットは、第一に動く時の安全性を高める事が出来ます。

ぎっくり腰を患った方はわかるかと思いますが、コルセットを巻くとすごく楽になりますよね。

この効果が腹筋群を使うメリットがあります。

・ずっと内股でいればいいのか?

ずっと内股でいれば良いのかと思われてしまいがちですが、そうではないのです。

まず真っ直ぐの脚をこうだとします。

すみません、私の汚い脚です、、(笑)

特に男性読者の方、特にすみません(笑)

撮ってみてわかりましたが、右と左の太さが全然違いますね。

こりゃまずい。

次に、内股にすると

こうすると、人差し指に対して膝やももが捻れてしますよね。

やってみるとわかりますが、こうするとものすごいお尻の外側の筋肉がものすごい疲れます。

この姿勢になると、お尻の外とももの外側に筋肉が発達してきて、

下半身太りの原因になります。

ならガニ股はというと

こうなると、ただ内側も外側も両方入らない脱力された姿勢になります。

あと見栄えも良くないですね。

これで伝えたい事は、

人差し指→膝→ももの付け根

が一直線になっている事。

これがないと、腹筋に力が入らず、

下半身太りや腰痛の原因を招いてしまいます。

早速鏡の前で足の歪みをチェックしてみましょう!

 
 

シェイプアップの新着

2019年06月27日
背中とお尻の引き締め 応用編

2019年06月26日
有酸素運動で得られるカロリー消費は?

2019年06月23日
肩甲骨とお腹の引き締め

2019年06月11日
腕立て伏せは最高のトレーニングである

2019年05月30日
おしりと腿の引き締め!ランジトレーニング

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ