こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は呼吸についてです。

呼吸エクササイズというと、一時期長く時間吐くエクササイズが流行りましたね。

あの書籍の目的は、たくさん吐くとお腹が凹むというものでした。

呼吸エクササイズには吐くことだけではなく、吸うことにもメリットはあり、

またお腹が凹むだけでなく姿勢に及ぼす影響も大きいのです。

呼吸と歪みの関係

まず下の人体模型をご覧ください。

こちらは前から見た人体の骨です。

こちらは後ろから。

こう見るとわかる通り、真ん中の背骨を肋骨が覆ってますよね。

背骨と肋骨は繋がっているため、肋骨が歪めば背骨も歪み、

背骨も歪めば肋骨も歪みます。

そして呼吸の作用によって大きく動きが関与するのが肋骨です。

人間は息を肋骨が閉じていき(下制)、吸うと開いてきます(挙上)。

どうすると肋骨が歪むのか?

例えば、

・片側バッグを身体がブレたまま持つ(左右のバランスが悪くなる)

・腰を反ったままリュックを背負う(肋骨が挙上)

・身体を丸めてデスクワーク(肋骨が下制)

このように、何も姿勢を意識しないと何かしらのズレが出てきます。

あの長く吐くエクササイズはいいのか?悪いのか?

これはケースバイケースですね。

基本的に息を吐くことは大切なのですが、偏るのはいいことではありません。

思いっきり肋骨が挙上していれば、吐くことで下制させて整うことがあるかと思います。

ただ、左右バランスが崩れていたり、思いっきり下制させていますと逆効果ですよね。

このように、何でも偏らず、ベーシックなのは

【吸う時間も吐く時間も同じ】 

これが基本の呼吸法になります。

肩こりや寝不足が続く方は、寝る前に1分間深呼吸して見てください。

だいぶ変わるはずですよ。