足裏とO脚について

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は足裏についてです。

この足裏の着き方は、O脚や身体の痛みにも非常に関わってくる無視できないところです。

#### まず足が真っ直ぐ立てるかどうか

まず立ち方ですが、自然と腰幅くらいに立ってみてください。

そこから、目をつむって10回くらい足踏みをしてみてみましょう。

足踏みをした後にこの後の文書を読んでみて下さい。

ではスタートです。

いかがでしょうか?

今あなたが立っている感覚がおそらく普段の感覚かと思います。

何か意識している方は、出来るだけ自然体でいてください。

では、この時のあなたの【人差し指】がどうなっているかを見てみてください。

よく親指が真っ直ぐだといいと思われる方が多いのですが、この時見るポイントは【人差し指】です。

まずこの足裏の人差し指が真っ直ぐになっているかどうかで、身体の歪み方が変わってきます。

もちろん足が真っ直ぐでも、膝が内に捻れていたり股関節が捻れている場合もありますが、ここでは足裏だけにフォーカスします。

例えば、人差し指が大きく外に向くと、多くのパターンはすねや膝、股関節は内側に捻れやすくなってきます。

これを内旋方向の捻じれといいます。

この内旋に偏りがある場合、ももやお尻の外側の筋肉、スネの外が盛り上がりやすくなり、

O脚が気になる体型になります。

他にも捻れている方向ですので、膝や腰にも負担が大きくなります。

足の着き方1つで色々みれますので、是非実践してみてください。

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ