こんにちは。SPTの小野寺です。

今回はコーヒーと脂肪燃焼のお話しです。

ランニングやスポーツの前にカフェインの摂取による燃焼作用はご存知ですか?

今では割と有名になってきましたが、お客様で知らない方が多かったため

まだまだ知られていないと思い記事にしました。

ここではコーヒーをタイトルにしましたが、

コーヒーに限定しなくても大丈夫です。

よくラーメン屋さんの前に販売している黒ウーロン、

これなんかもカフェインの効果が高いですよ。

まあラーメンのカロリーを考えたら気休め程度ですが(笑)

・何故カフェインで燃焼するのか?

実際そこまで科学的な実証は少ないですが、統計的な実証が多いそうです。

科学的な観点だと、覚醒作用が影響しているのではないかとされています。

覚醒作用といえば、脳内物質のノルアドレナリンなどの物資が分泌されるため、

交感神経が優位に働きます。

この状態は言ってしまえば興奮状態で、

スポーツ中に痛みを感じなくなるのがこの状態です。

この状態に持っていく事で、

筋肉の働きが活性化されより燃焼が高まるという事です。

・筋トレ前の摂取が理想

実際有酸素運動の前よりも、筋トレ前の方がいいとされています。

というのも、ある実験でカフェインによる効果の実験もされており、

その時に効果が15分程度で、かつ瞬発力を使う運動が高い事がわかりました。

筋トレ前に摂取する事で、筋肉を上手く使う事ができ、

より燃焼効果を高める事が可能になるのです。

・どのくらい摂ればいい?

推奨は150〜200mgとされており、大体コーヒー一杯くらい摂ればいいとされています。

気をつけるのは摂りすぎです。

摂りすぎるとお腹をくだしたり、気持ち悪くなってしまいます。

何でも程よく実践しましょうね。

※ 写真はスタバにて

カテゴリー: ダイエット