こんにちは。SPTの小野寺です。

先にセッションスペースを拡大した事のお知らせします。

すみません、写真を撮り忘れて帰ってしまいました(笑)

なので、明後日ちゃんと写真載せた状態をブログに載せますね。

さて、体重を落としている時に誰しも陥る停滞期がテーマです。

この停滞期のパターンは大きく2つ考えられます。

① 飢餓状態による停滞

② モチベーション低下による停滞

①に関しては、簡単に言えばこれ以上落としたら危険ですよーって教えてくれてるパターンです。

いわゆる伸び悩みですね。

ある程度まで落ちると、身体が危険信号を送るため必ず誰しも陥ります。

これは個人差もあるため一概には言えず、早い段階で陥る可能性の人とそうでない人がいます。

この①の伸び悩みの場合は、手段を色々変える事をオススメします。

例えば、筋トレの負荷を変えてみたり、食事の食べてるものを変えたりとか。(もちろんカロリーも気をつけながら)

人間の適応力は凄まじいため、負荷を変え続けないと身体が慣れて変化がなくなってきます。

筋トレでもダイエットでもなんでも同じです。

なのでこの伸び悩んだ時は、何かしらの変化を求めることをオススメします。

②の場合は、やる気の出ないとき。

これも手段を変える事をオススメします。

食事を制限するのが難しい時は、簡単な運動してみるとかでもいいのです。

もちろん簡単な運動で劇的に痩せるわけではないですが、モチベーションを上げるための起爆剤にするためです。

①でも②でも、伸び悩んだ時は手段を変える。

それも出来るだけシンプルで簡単なものに。