こんにちは。横浜の関内にあるパーソナルトレーニングジムSPTの小野寺です。

今回は、

肩の痛みは背骨を動かしてみよう!

というテーマでお伝えいたします。

四十肩や五十肩でお悩みの方も多いかと思います。

実際には肩関節周囲炎と言います。

実際の肩の痛みの背景には、背骨の可動域が関係している場合が多いので、

是非今回の記事を参考にしてみて下さい。

また、記事の最後にストレッチ動画もご用意しておりますので、

そちらも合わせて宜しくお願いいたします。

背骨の正しい動かし方

背骨の動きは大きく6つあり、

  • 丸める
  • 反らす
  • 右に捻る
  • 左に捻る
  • 右に倒す
  • 左に倒す

これらの動きどれかしら機能不全になると、肩や腰などに不調を感じます。

特に身体を反らす動きで、胸の辺りが反れなくなると肩の痛みに繋がりやすくなります。

背骨が丸まったままだと肩の関節に動くスペースが制限されてしまい、

骨と骨が擦れていって痛みが走りやすくなります。

この背景には、日常生活から前屈みになる事が多い事が原因かと思われます。

背骨をきちんと動かす事で、元にあった位置に戻す事ができ、肩の機能不全の回復につながります。

ストレッチ動画

10分ないほどの動画となっておりますので、是非座りながら行ってみて下さい!

まとめ

いかがだったでしょうか。

簡単そうな動きですが、背骨を一つ一つ意識するのはとても大変ですよね。

是非肩の痛みがある方は、行ってみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

見学、体験のご予約はこちらからお願いいたします。

見学・体験予約


Line公式アカウントでは、ブログやyoutubeの更新情報を載せています。ご登録をお願いします!
友だち追加

インスタグラムのフォローもお願いいたします!
Instagram

カテゴリー: 身体の痛み