こんにちは。横浜の関内にあるパーソナルトレーニングジムSPTの小野寺です。

今回は、腰や肩を痛めた時の受診する流れをお話しします。

痛みの様々な種類

痛みの種類を大きなくくりにすると、

  • 急性期
  • 痛みが出てから間もない状態の事をいいます。

    この時期は痛みが強くなったり和らいだり変化する時期ですので、基本的には痛みが出やすい活動は避けることが望ましいです。

    一般的には発症から1、2週間と言われています。

  • 慢性期
  • この回復期は痛みが和らいできますが、動きに制限がかかります。

    この段階でリハビリなどの運動や治療を行う事で、後の状態にも大きく関わってきます。

  • 回復期
  • 正しくリハビリする事で、身体は回復期に向かっていきます。

    期間に関してはかなり個人差と症状の差があります。

痛めてからのアクションプラン

ここでは腰を痛めてからの流れをご案内します。

もし腰や肩を痛めたら、この流れに沿って行動してみましょう。

    ① まずは安静(痛めた当日〜3日ほど)

    ② 痛みのある動作を避けて生活をする(3日〜7日ほど)

    ③ リハビリや治療、正しい運動を行っていく

    ④ 徐々に回復させ、元の状態に戻していく

ここでは、①と②でいかに早くこのように対処していく事が大切になります。

そのため、痛めてすぐの急性期は安静と医療機関へ、慢性期からは運動をしていく事が大切になります。

まとめ

今回をまとめると、

  • 痛めてすぐは安静にして、医療機関へ受診する
  • 急性期を抜けたら、正しい運動しましょう

今回はこの2点だけ守って行動してみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

見学、体験のご予約はこちらからお願いいたします。

見学・体験予約


Line公式アカウントでは、ブログやyoutubeの更新情報を載せています。ご登録をお願いします!
友だち追加

インスタグラムのフォローもお願いいたします!
Instagram

カテゴリー: 身体の痛み