肩の痛みは呼吸から整えよう

こんにちは。横浜の関内にあるパーソナルトレーニングジムSPTの小野寺です。

今回は、肩の痛みについてお話しします。

とある日、ふと腕を上げると

「あれ、肩が痛くて腕が挙がらない…」

という経験がある方は多いのではないでしょうか?

これは歳のせいかなと思われる方が多いですが、全然そんな事ありません!

今回は、肩が挙がらなくなるメカニズムと、その対処法をお伝えしていきたいと思います。

肩が挙がらないメカニズム

肩を上げるためには、以下のような関節の動き方になります。

・肩の関節が動き、徐々に肩甲骨が動く

・腕が90°を超えた辺りから、肩甲骨が大きく動いて腕が挙がっていく。

腕を挙げていく過程の90°までは、2:1の割合で肩関節の動きが重要で、そこを超えると肩甲骨が2:1の割合で動いていくと言われています。

文献によっては、1.4:1とかあるそうですが、とにかく

・初動に近ければ肩関節

・後半は肩甲骨

と覚えておきましょう!

ですので、まず肩が挙がらない人で、どの辺りまで上がるのかで原因が変わってきます。

仮に45°までしか挙がらない人の場合ですと、最初に見るポイントとして、

・鎖骨がどうなっているか

・肋骨の開き具合はどうなっているか

・呼吸が浅くないか

これらを見ていきます。

特に呼吸が浅くなっていると、胸郭が硬くなり、背骨も丸まりやすくなります。

それにより、肩が内巻きになり、肩があがりづらくなってしまいます。

これは肩凝りにも当てはまるので、是非深い深呼吸が出来るかを行ってみましょう。

一つ目安として、

「10秒吸って、10秒吐く」

これが出来るかどうかを目安にしてみましょう!

簡単に出来る!呼吸が深くなるストレッチポールのエクササイズ動画

体験のご予約は、下記より宜しくお願いいたします。

見学・体験予約


Line公式アカウントでは、ブログやyoutubeの更新情報を載せています。ご登録をお願いします!
友だち追加

インスタグラムのフォローもお願いいたします!
Instagram

 
 

身体の痛みの新着

2020年01月19日
肩の痛みは呼吸から整えよう

2020年01月07日
身体の歪みは体幹を鍛えよう

2019年12月19日
慢性的な腰痛も動作を再学習させて改善しよう

2019年12月09日
筋トレを始めてみてみよう!

2019年10月21日
猫背は首の位置から整えよう

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ