こんにちは。横浜の関内にあるパーソナルトレーニングジムSPTの小野寺です。

今回は、慢性腰痛についてお話しして行きます。

トレーナーが担う役割

・椎間が狭くなっていて痛みが出る

・骨が変形して側弯が酷くていたい

などの方が、多く当店にいらっしゃいます。

このような方へのアプローチとして、まず変形した骨を治すことはまず出来ません。

それを行うのは医療の役割となります。

我々トレーナーが行う事としては、

ADL(日常生活動作)を向上させる為の筋力、関節可動域を適正値、またはそれ以上に持っていく事を目標にしています。

その結果として、QOL(生活の質)の向上を目指す事としています。

さて、話を戻すと、変形した箇所を治すという事は、家でいえば一部、または全ての骨組みを建て替える事と近いです。

これは一見新しい物になるため、問題の解決にうってつけのように思います。

が、人間は家と違い日々動いています。

それも自分の意思で。

動くという事は、脳でこれをしようと思い、それを筋肉に指示を出して動かしています。

手術をして治しても、周りの筋肉がそのままであると、結果として不自由である事には変わりないのです。

また手術によって一定期間安静にするため、筋力が落ちる事も懸念されます。

なので、そういった医療を受ける際には、慎重に判断しなければいけませんね。

トレーニングで期待できる事

腰の痛みが起きる多くは、

【こういう動きをすると痛い】

という事がおきます。

このパターンですと、

【腰以外の関節や筋肉がちゃんと働いていない】

という代償動作が起きている可能性があります。

そしたら、

【腰以外の筋力強化や関節の動きを良くする】

という事が必要になります。

これを

・動作の再学習

としています。

だから闇雲に運動してもよくならないですよね。

慢性的で腰が痛い方は、是非、動作学習という思考を取り入れてみましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

見学、体験予約は下記より宜しくお願いします。

見学・体験予約


Line公式アカウントでは、ブログやyoutubeの更新情報を載せています。ご登録をお願いします!
友だち追加

インスタグラムのフォローもお願いいたします!
Instagram

カテゴリー: 身体の痛み