こんにちは。横浜関内パーソナルトレーニングジムSPTの小野寺です。

今回は、前回の二の腕とプラスしてヒップのトレーニングをご紹介します。

ブログの最後に動画もありますので、是非最後までお読み下さい。

ヒップを使うためのトレーニング方法

脚まわりを引き締めるには、ヒップを使うのが必須です。

ヒップ(大臀筋)を使うには、

・お尻を締める(股関節外旋)

・脚を後ろに引く(股関節伸展)

・脚を横に開く(股関節外転)

という機能が必要になります。

この機能の反対側の動きをすると、逆に脚が太くなってしまいます!

これを気をつけるためには【正しいフォーム】で行う必要があります。

実践!ヒップと二の腕の引き締め運動

① 手を後ろについて座り、膝を90°に曲げて座ります。

② 背筋を伸ばしながら写真のようなポーズを取り、2,3回呼吸をしながら姿勢をキープします。

③ 息を吐きながら①の体勢に戻り、このサイクルを5回ほど繰り返します。

このように、まずは姿勢をキープして行っていきます。

筋肉の意識は二の腕とヒップですが、まずはポーズだけ取れればOKです。

この時、肩や腰に痛みが感じたらすぐ中止をして下さい。

詳しくは動画でも行っておりますので、是非実践してみて下さい!

※動画タイトルは、肩こりに効くとなっておりますが、肩こりにもシェイプアップにも効くトレーニングとなっております。