股関節の硬さが腰痛を招く

こんにちは。パーソナルトレーニングSPTの小野寺です。

今回は、股関節の硬さが招く腰痛についてお伝えします。

腰が痛む様々なパターンがありますが、大体は

・屈む

・反らす

・捻る

・傾ける

の動きで腰痛を感じる事が多くあります。

この様に、腰痛で体験に来られたお客様には、必ずどの動きで痛むのかをヒアリングして、実際に動いてもらう事をしております。

その動作をチェックする時は、大きく2つのパターンでチェックを行います。

① 立って動作を行う

② 痛みが出た動きは、座っても行って頂く

この2つのパターンでの評価基準は、

・①でも②でも痛みが出ない

・①では痛みはないが、②では痛む

・①では痛むが、②は痛まない

・どちらも痛い

上記の4パターンであるため、それによってアプローチの仕方が変わってきます。

痛みが出ない場合

基本動作で特に痛みが出ない場合は、普段は複合的な動きで痛みが出ている可能性があります。

複合的な動きとは、日常であれば何かをしながら何かをするといった事です。

・重い荷物を持ちながら電話をする

・人と話しながら歩く

このような複合的な動きなどで痛みが強くなる人もいるため、この場合には身体を複合的に動かすトレーニングをすると効果的です。

例えば、仰向けに寝て片足を持ち上げた時に、腰が左右に大きく捻れる方が多くいます。

これを、腰がなるべく捻れないように練習するだけでも、腰痛の対策になるのです。

このパターンの人以外でもこういう事が起きるので、まずは正しく身体の取り扱いが出来るようにする事が大切です。

次回はまた続きを書いていきますね。
(予定)

 
 

身体の痛みの新着

2019年07月08日
横を向くと首が痛い!その原因と対処法?

2019年07月03日
ギックリ腰の再発予防は、呼吸からトレーニングしよう

2019年06月05日
パーソナルトレーニングジムSPTでは、問診を大切にしています

2019年06月04日
その膝痛、実は腰だった!?

2019年05月29日
座っていて腰が痛い!それ実は股関節のトレーニング不足である!

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ