絶食して痩せるくらいなら太った方が53万倍マシ

ホーッホッホ!

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は過度なダイエットのデメリットをお伝えします。

タイトルには太った方がマシと、かなり極端な表現を書きましたが、

私は見るからに腹が出たらこの業界から退くつもりでいます。

なので、もしこのSPTが諸事情により閉店するとの情報がございましたら、

・赤字によって潰れた

・小野寺の肥満によって撤退

のどちらかど思って、察して下さい(笑)
※今のところはどちらも心配ありませんのでご安心を。

ですので、トレーニングで身体を大きくする事はあっても、太る事にはもちろん否定的でいます。

しかしですね、最近はマシになってはきていても、まだまだ痩せればいいと思っている方は本当に多いですね。
※特に女性

かなり太ってしまった方が、引き締まったモデルさんを見て、

『この人のように痩せたい』

と思って過度な食事制限を行っても、ただ体重が減るだけで締まった見た目にはなりません。

この手のダイエットの注意点は

・後のリバウンド

・自身の社会性の低下

が危ぶまれます。

我慢は借金と同じ

この甘いものを食べたい、、、けど我慢、じっと我慢、、、

一見ダイエットを成功するために必要なやり方に見えますが、実際はかなりヤバイです。

その背景には、ストレスホルモンの分泌にあります。

身体の中にはストレスホルモンがあり(コルチゾール)、血圧を上昇させる機能があり、交感神経を高める作用があります。

交感神経を高めるのは食欲不振にも繋がりますが、一気に弾けた時は暴飲暴食が止まらなくなります。

食べなければ食べないほど、人間は食べたい欲求が強くなるのです。

ギャンブル依存症の人で、勝てなければ勝てないほど、勝つまでギャンブルしたくなるのと近い原理ですね。

では、食べたい欲求にずっと勝ち続けたらいいのではないか?

と思う人もいるかと思いますが、それをしてしまうと人間としての『元気』という能力を失う事になります。

食べないという事は、食べている人よりもエネルギーが少ないです。

エネルギーは、車でいうガソリンのようなもの。

車を乗る人はわかるかと思いますが、エンプティーぎりぎりだと車の発進時は元気がないですよね。

人間も同じで、元気がなくなるのです。

思い返せば、試合前の減量も普段より元気がなかったように感じます。

人間、元気が一番です!

 
 

ダイエットの新着

2019年06月26日
有酸素運動で得られるカロリー消費は?

2019年05月27日
ダイエットは食事回数を増やすべきかどうか?

2019年05月26日
ダイエットはほぼ食事である

2019年05月22日
プロテインはいいの??

2019年04月12日
肥満と病気のリスク②

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ