起き上がると腰が痛い原因

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は、仰向けから起き上がる時の痛みについてです。

仰向けから起き上がるのが、腰が痛くて辛いという方が多くいらっしゃいます。

腰は痛くないのですが、身体に無理を効かせて起き上がっている方も少なくありません。

まず、起き上がる手順を分解して考えてみましょう。

起き上がり方には、寝返りの際に大きく二種類の違いがあり、

① 真横か斜め下に手を伸ばして寝返りをうつ

② 斜め上に手を伸ばして寝返りをうつ

①のタイプは腹筋群を使って起き上がり、②のタイプは背筋を使って起き上がっています。

どちらかというと、①の動作パターンを用いて寝返りをうつ人が多い感じはします。

ですので、今日は①の動作パターンからの問題点を考えていきたいと思います。

起き上がりで痛いのは腹筋とあの部位に原因があった

まず、起き上がり以前に寝返りをキチンと打てない方もいますが、その方は腹斜筋群の弱化が考えられます。

腹斜筋群の働きは、身体を捻る働きがあるため、ここが弱いと寝返りがうてないか、うった際に違和感を感じやすくなります。

では、寝返りはうてるけど、起き上がる時に痛みや違和感がある人はどうなのか?

起き上がる時の動作を分解すると、

・体幹の回旋+屈曲

・股関節屈曲

・肩甲骨外転

という動きが組み合わされており、中でも肩甲骨の動きが特に鍵を握っています。

肩甲骨外転という動きは、肩甲骨が背骨から離れていく動きであり、腕を前方に伸ばす時に働きます。

主な筋肉は前鋸筋という肩甲骨と肋骨を繋ぐ筋肉が働き、この筋肉が働かないと他でかばう動きになってしまいます。

よく健康誌で、肩甲骨を寄せましょう!と言われますが、これをやり過ぎると肩甲骨の動きが悪くなるので、寄せ過ぎはかなり注意が必要です。

起き上がりで腰が痛い人のパターンとして、肩甲骨から原因がある人も多くいます。

 
 

身体の痛みの新着

2019年08月08日
フォームローラーを使った肩こり解消エクササイズ

2019年07月08日
横を向くと首が痛い!その原因と対処法?

2019年07月03日
ギックリ腰の再発予防は、呼吸からトレーニングしよう

2019年06月05日
パーソナルトレーニングジムSPTでは、問診を大切にしています

2019年06月04日
その膝痛、実は腰だった!?

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ