腹筋が大切な理由

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は腹筋についてです。

体作りにあたって、腹筋を鍛えている方も少なくないと思います。

人によって、お腹を凹ましたい、腰痛を治したいなど様々理由があるかと思います。

ただ、その根本的な原理などをわからず行うトレーニーも少なくありません。

今日は腹筋を鍛えると何がいいのかを、できるだけ簡単にお伝え出来たらと思います。

① 呼吸筋が強くなる

まず1つ目は呼吸です。

日頃全ての人が呼吸をしていますが、あまり意識的に呼吸をしている人は少ないかと思います。

現代社会はストレス社会とも言われるため、呼吸が上手に出来ない人が多く存在します。

この呼吸が出来ないと、肋骨が浮き上がってくる事により、腹部が前方に突出してしまいます。

そうすると、お腹が出てきて見た目を気にしたり、腰痛になったりする原因になります。

なので、深い深呼吸をするだけでもお腹の筋トレになるのです。

② 反り腰を防ぐ

先ほども呼吸を深くすると反り腰を防ぐとお伝えしましたが、反り腰だと何が悪いのでしょうか。

人の腰(腰椎)は元々反っているのでそもそも全員反り腰なのですが、腹筋が弱いと必要以上に反りすぎてしまいます。

①でもそれによって腰痛のリスクを伝えましたが、それプラス首の前方突出によって首肩も痛めやすくなります。

③ 体の使い方が上手くなる

一般の方もこの能力は必要ですが、普段スポーツをやっている人はこの能力がものすごく大切です。

体幹(コア)は上半身と下半身の間で力を伝達する役割があるため、コアが弱いスポーツ選手は致命的になります。

野球のスイングで腕に力が入りやすいのも、コアに対して腕力に入り過ぎる選手に多いと聞きます。

どれだけ脚や腕が強くても、コアが弱いと力が逃げてしまうのです。

続きは、次の記事で書きますね。

 
 

自己学習の新着

2018年09月16日
運動する事は他人に迷惑をかけないためのツール

2018年09月09日
スポーツ業界の不祥事について

2018年08月24日
読書はどこで読んでも良し

2018年08月07日
目標設定の大切さ

2018年08月04日
睡眠で意識すべきこと

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ