大きい筋肉で動くとラク

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は身体の使い方です。

よく、【私は腕の力がないから荷物もつのきついんですよー】という方がいます。

実際、平均したら弱いケースが多いのですが、その荷物を持つという事に関してはそんな事はないケースがほとんどです。

同じくらいの体格でも、荷物を軽々持つ人と重たそうに持つ人がいます。

私は男性の中では小柄な体格の割には、比較的荷物は軽く持てる方だと思います。

この差はいったい何なのか?

様々な理由がありますが、今回のテーマ筋力に紐付けると、

・身体のサイズにあった力がない

・身体の使い方が悪い

のどちらかか、または両方になります。

身体に合った筋力がないというのは、相対筋力ともいいます。

同じ60キロの体重があっても、筋肉量や出力が強い人の方が重いものは持てますし、

50キロの人でも出力が強い人は60キロの人よりパワーがあるケースも少なくありません。

私は当時54キロのひょろひょろだったのですが(今は63キロ)、昔100キロ超えの男性と腕相撲をした事がありました。

一例ではありますが、私は腕相撲は得意ではないのですが、出力の弱い100キロの男性なら普通に勝つ事が出来ました。
※同じくらいの体格の人に負けた事もあります。

この時、単純な腕の力だけなら相手の方が勝っているはずですが、体重の乗せ方や力の入れ方などによって力負けしなくなるのです。

腕相撲だとテクニックや持久力、気持ちの問題もありますが、ここで荷物を持つ腕の力の観点で考えたら、そこまで腕の力は関係ないのです。
※もちろんあるに越したことはないのですが。

荷物を持つ筋力は、

・持っている腕の力

・支えている足腰

・姿勢を保持する背骨(背筋)

・持ちながら歩くのに支える腹筋群

など、様々な筋力が必要になります。

結論、腕だけにフォーカスせず、全身の筋力にフォーカスする事が大切になります。

 
 

トレーニングの新着

2019年10月28日
【脚を引き締めたい人へ】骨盤と股関節の分離運動

2019年10月14日
分割して筋トレしよう

2019年10月12日
簡単!ヒップアップエクササイズ

2019年09月25日
最強のトレーニング!スクワットの効果と正しいやり方

2019年06月11日
腕立て伏せは最高のトレーニングである

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ