腰をそらした痛みの正体

こんにちは。SPTの小野寺です。

今回は腰痛についてです。

このブログでも何度か腰痛シリーズを書いていますが、基本は2パターンしかありません。

・何もしなくても痛い

・動かすと痛い

SPTでの対応としては後者を得意としています。

その理由としては、動かすと痛い場合は動き方に問題があるからです。

SPTのコンセプトとしては【正しい動きの習得】に力をいれているからです。

そんなこんなで、今回のお題としては【そらした時の痛み】です。

パターンとしては、イスから立ち上がるときに痛むなどです。

もう勘が良い方はおわかりかもしれませんが、この時も腰自体の問題は根本的な問題ではございません。

イスから立ち上がる時は様々な筋肉を使うのですが、その中でも【股関節伸筋群】をよく使います。

股関節伸筋群は、もも裏やお尻などの筋肉が主で、太ももを後ろに蹴り出す動きになります。

イスから立ち上がる時には、立体的にみると脚を後ろに蹴る動きをしているのです。

この蹴る動きが弱いと、腰を反らして起き上がる動きをするため、毎日腰に負担をかけた生活をしてしまいます。

ちなみに、股関節伸筋群の反対が股関節屈筋群になり、腿の前や下腹部の筋肉になります。

伸筋群が弱い時は、屈筋群は硬いと言うことなので、屈筋群をストレッチする必要があります。

腰を反らせていたい方は、お尻を鍛えてもも前をストレッチしましょう!

 

予約/お問い合わせについて

骨盤調整サロンSPTへのご予約は下記よりお申込みいただけます。
ご予約

また不明点は下記のお問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせ